脳天気

梅雨特有の、ジメジメと暑い日が続いています。
この時期、集中豪雨や日照り続きと、極端な天気に、精神的にも滅入ってしまいがち。雲の間から差し込む光に、ほっとしますよね。

脳天気

ところで皆さんは、脳天気という言葉にどんなイメージを持っていますか?

脳天気(能天気)はのんきで軽薄なというような意味で使われます。頭の中が快晴(不安や悩みがない状態)でお気楽な人ってことです。

実は人は、いつでも脳の天気によって、動かされています。

快晴であれば体は軽いし、行動力が増します。
実際雲一つない快晴な日は、動き出したい衝動にかられませんか?

逆にここ数日の天気のように雨や曇り続きでは、何となく行動が鈍くなります。(実際にうつ症状は天気の悪い時に悪化しやすいです。)
どんよりとした天気が続くと洗濯物もすっきり乾かず、部屋干しのものが増えてきます。(もしくは洗濯カゴが溜まってきます。)そして、洗濯はしなきゃいけないけど、どうにも片付けられない状態になってきます。

この状態が脳の中でも起こっているのです。

脳がすっきり晴れていると体も動くし、不安や悩みも溜まりません。

では脳がすっきり晴れた状態とはどういう状態でしょうか。それは太陽の光のように脳のエネルギーが充分に放出されている状態です。

そして、体を動かす脳内のエネルギーとは、アセチルコリンやドーパミン、セロトニン、ノルアドレナリン、ギャバといった神経伝達物質(ニューロトランスミッター)のことです。

これらの神経伝達物質(ニューロトランスミッター)が充分に、適切に放出される事によって、幸せを感じたり、やる気になったり、集中して取り組めたり、冷静に判断したり、活発に身体を動かしたり、他人と共感したり出来るのです。

Optilife Shopのメディカルフードは、脳に光をもたらす商品です。日中は目が覚めるような光、夜にはやわらかな光で、あなたの脳を満たしてくれます。

メディカルフード