睡眠時間と肥満の関係

身体の回復、修復、成長は寝ている間に行なわれていると言ってもよいほど、睡眠の重要性は様々な方面から語られています。きっと、何かしら耳にしたことがあるでしょう。

その中で以外と知られていないのが、睡眠時間と肥満の関係です。毎日の睡眠時間が短く(5時間以内)熟睡できていない状態が続くと、肥満になる確率が通常より高まるというのです。

睡眠時間と肥満の関係

それにはグレリンという空腹感に関するホルモンが関係しています。睡眠不足が続くとグレリンの分泌量が増え、そのグリセリンが脳に届くと、脳は炭水化物に含まれる糖質を欲するようになります。それにより、自然とご飯などを食べる量が増えてしまうのです。

またその影響は肥満だけではなく、脳そのものにも影響を与えていきます。ある学説によると、体重が増えることにより、逆に脳のサイズは小さくなるのだとか。そうなると当然、脳の機能も低下します。
この学説がどこまで正しいかは分かりませんが、身体の機能は連携をとって保たれていることを考えると、脳に悪影響が及ぶことは容易に予測出来ます。

睡眠は何もできない無駄な時間ではありません。身体の機能を保ち、次のサイクルを生み出す為の大切な時間です。しっかりと確保したいですね。

それでも熟睡出来ない方や、どうしても十分な睡眠時間を確保出来ない日がある方は、『リポーズプラス』を試してみてください。
睡眠導入と深い眠りに導くために必要な2つの神経伝達物質の材料となり、あなたの眠りをサポートします。

リポーズプラス
詳細はコチラ